Text Size : A A A
                   
■病院日記  2005.11.10.11(日)ちーの奥歯を削る・毛球症の注射



お誕生会を始めようと思い、部屋に戻り、野菜をとりわけ「さぁはじめよう!!」ってときに

ちーがいつもと違う。動かない。端のほうでうずくまっている。耳も物凄く冷たくなってる。



夕方までは部屋に出ていたのでなんとも無いと思っていたが。歯軋りの音は聞こえていた。

でも、前回から20日程度だし、今回は牧草もいつもよりは食べていたので疑っていなかった。

もう、病院は閉まってる時間なので明日まで体調が持ってくれるのを願うだけだった。



いつもなら飛びついてくるバナナやオヤツでさえ全く興味を示さない。

●も出た様子が無い。



翌日、病院へ。

時間前に行ったにもかかわらず私を含め3組来ていた。

近所の人が歩いてきて車の中で待っていた私達より早く入ってしまった。ちょっと、なんなのよって感じ。

3組目の診察。いつも歯を削ってくれる獣医師さん。

状況を話すと具合が悪い時でも歯軋りをするとのこと。

歯が伸びる子は20日のスパンでも短くないとのこと。

まずは麻酔をかけて口の中を見ることにした。

伸びてるけどやっぱりいつもよりは少ない。少ないけど具合が悪いのはやっぱり毛球症??

いつもの状態と違うことも話し、削ったあと、毛球症の注射をしてもらうことに。

薬を飲ませることが出来ないので、治らない場合通院になる。



帰宅後、部屋にキャリーから放すと一目散にケージへ帰っていった。

そして牧草を食べ始めた。「やったっ!!大丈夫だ!」そう思ったのはつかの間で

すぐに食べるのを止めてしまった。

その後もなかなか食べない。少しずつだけ。

葉っぱは食べられるようなのか必死に食べてる様子。

ペレットは夕方まで食べなかった。



翌朝、いろんなものを口にするが少しだけ。バナナも残す。

しっこも出た。夜中に●も出たようだ。小さいけど数はまあまあある。

8:00頃まで様子見。食べてるようであれば夕方病院。ダメならそのまま病院。







    ■■■今日の内容と会計■■■
























ちーの診療代
  
診察料1,000
手術料+麻酔料(奥歯カット)5,000
皮下筋肉注射(毛球症)2,500合計 8,925円




Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする