Text Size : A A A
                   
Img_fcd00bb435b8d1a57a9cd28ad3965ecb
     今年の七五三の季節で11歳になるおじいちゃんうさぎです。

     4月15日には精巣の腫れが見られたのとヘルニア(脱腸)の症状が
     出てしまったので去勢手術と体中にあるしこりの1箇所を切除しました。

     病理検査ではどちらとも良性との診断でほっとしています。

     ------------------------------------------------------------

     8月31日に月に行ってしまいました。
     11歳のお誕生日会までもうすぐだったのに。
     涼しく過ごしやすい季節まであと少しだったのに。

     いままで仲良くしてくださったみなさま、どうもありがとうございました。

     (まだ日記の整理がついていません)

●Thu.05.26.2011

Img_cfff43e2439f47d2789671504c9052f5
Img_51932805b152799e360cf3f37c90d14e
Img_a759977286dac8c1717c99f6f6e14035
Img_30b7dce3830f9532e5966382e870956b
Img_271a7d517a3930e167dcd99772c9c1a2
Img_22e3731067aecb755953bf5d11ab5a46
自家製いちご、収穫時を迎えています。
いちごもワイルドストロベリーもぺろっと平らげちゃうちーくん。

無理に口の中へ押し込み口元はべちゃべちゃ。そして口から汁があふれ出す(笑
そんなに押し込まなくっても^_^;
こんな食べ方はもーちゃんがしてたっけ。ちーは元々こういう食べ方はしない。

ん?そんなにうちで生ったいちご、美味しいのか?
今度は私の口の中にも入れてみよう。

ちーはドライクランベリーが好物。
今年はクランベリーの苗も買ってみた。花が咲き終わったので実が生るのを待つばかり。
ベリー類は楽しめていいね。
ブルーベリーはちーの目にも効果があるかしら。

ケージの外で野菜などを食べる際にはうちではタオルの上で食べるようにしています。
なんで?器だと外にこぼしてばらばらにしてしまうから^_^;
はっぱも自分で足で抑えて食べてます。お利口さん!

●Tue.05.24.2011

今日もちーはぐたぁ〜。ぷーぷー言ってお昼寝。
おててがかわいかったのでぱちり☆
ちーがしっこした長座布団。
コインランドリーで洗濯したら無残な姿になってしまった(-"-)
800円無駄になったわ。
ちーのコンテナガーデン。パセリ達がもりもり元気に成長!
でも季節柄とうがたってきた。
こんなに食べきれないよって位沢山葉っぱが出てる。
そうそう!ちーのいちご、誰が食べちゃってるのかと思ったらダンゴムシだった
片っ端から齧られてる。ショック!
ちーのいちごだから食べないでよねっ
Img_83f34b90177e12dcb462fe38a73aaa09
● Mon.05.23.2011

あんなに暑かった先週末。今日はこんなに肌寒い。
ちーも急な暑さに疲れてしまったのか今日はあまり体調がすぐれなさそう。
いい●が出ていない。軟便も出た。動きも活発でなくじーっと寝て過ごした。

● Fri.05.20.2011

今朝はうちで収穫したちいさないちご4粒とブロッコリーの花芽をあげて家を出た。
即座にいちごにかじりついたのは見たんだけど完食してるとは思わなかった。
味見はしてないのだが(ちー、失礼!)食いつきがいいってことは甘かったのかな?
これからもっともっと生るから楽しみにしててね。

● Thu.05.19.2011

夕ご飯を食べている最中にこたつの上に乗っかったらしい。
ティッシュがまき散らかされてると夫に指摘された。
と、同時に買ったばかりの「うさぎと暮らす」も容赦なく齧られた。
こたつ布団が上がってると「上ってOK!」のサインだとちーは認識している。ある意味お利口さんなのよ。

「うさぎと暮らす」には、ちーと同じ症例の子のお話が載ってます。そけいヘルニア。
私が病院で伺った事を付け足すとこの病気は「若い子はかからない」「お年寄りがなる病気」だということ。
本誌から勝手に解釈すると、お年寄りは膀胱がそけい部に落ち込んだら戻らないってことが多いのでは?
うさぎは穴が大きく行き来しやすいとのことなので。
通院しているところでは幾つか症例があるのでめずらしい病気だとは言われませんでした。
うちは年齢が10歳半とのことで術中、術後の不安から膀胱を引き上げてもとの位置へ戻すための回復手術は行いませんでした。
去勢をした際に内側の袋をきゅっと巾着状に絞って、膀胱が落ちてこないようにしてもらいました。
でも、結局は同じ位置に出ちゃってますけどね。この先睾丸へ落ちてくることもあるそうで。
(どのくらい時間が経ってからかは不明。皮膚なのでどうしても伸びてしまうそう。)
手術をしないでさすってあげて戻して様子を見ている方もいるそうなのでうちも同様にしていくつもりです。
● Tue.05.17.2011

夫がキャベツの外葉を大量に貰ってきてくれた。

キャベツを丸のまま買っても、ちーが好んで食べるのは
外側の3枚ぐらいなので、これは大変ありがたい。
濡れた新聞紙に包んでしまっておくことにしましょう。

餌入れがひっくり返ってるのはキャベツを抑えるための「重し」のため。
お外ではタオルを敷いた上で自分で食べるようにさせてます。

手術から約一ヶ月。完全復活したちーくん。
一時はこの先もう短いのではと頭をよぎったりしたけど、もう大丈夫!

暑い夏を乗り切り、11歳目指して頑張ろう!!

Img_dd038ad3410d661e8a1f21e45dd1b193
Img_c5aa8444a5b5811d31fe48f7889681ea

●Sun.05.15.2011

夜はニンジン食べてお口がオレンジ色に染まってた!

今日はぶーぶーと後追いが多かった。
とても元気になって安心。
朝は●の出がイマイチな気がしたが大丈夫だった。

ちーがしっこした長座布団4枚。
1枚はどうにかなったけど残り3枚はコインランドリー行かないとダメだね〜
匂いついてるまま置いておくとトイレだと勘違いされちゃうからね。
Img_324393ee879e2130bb62f2764d168806
Img_11cf4fec20617b4b3cd5efa3666939cf
● Fri.05.13.2011

今日は通常より大きな●が出てた。
牧草は相変わらず食べてくれないが。どうしてかな?
ペレットと野菜もたくさん食べてる証拠かな?

写真でも分かるとおり左目が濁ってる。
診察はしてもらっていないが白内障の症状?
カラーをつけてるときに「見えてないかも?」と疑ったのが
はじまりだが、やっぱり見えてなかったのかも。

今日はとても暑かった。
ちーくんもまったり。まだぐったりな気温ではない。
涼しくなってからは元気いっぱい。よかった!



● Thu.05.12.2011

今日も●が大きいぞ!
Img_f2db2cba71f10940e475a1641e94234f
Img_0a180b431f76a9c6e791ec218e128415
● Wed.05.11.2011

3:00am いいぞ〜! いい●が出てるっ!

さてと。今日は休みなので一眠りしよ。

------

座布団にしっこしまくり。困ったもんだ。

●Tue.05.10.2011

Img_4ffc4516169dda2efb7e6146b645f614
Img_d44fbad8decdb0dc07f3b94aee5c10f9
Img_b421556ce994ea0381aa8e3815df8392
Img_61b908ba1934de3abdf3cf9219becf05
● Mon.05.09.2011

お昼寝時の13:30pm うとうとして傾きかけてるちーくん。

●Sun.05.08.2011

Img_93c9a13dad2a29ba13c53794d171858a
今日はちーはお利口さんにお留守番が出来ました。
前日光ハイランドロッジあたりは中禅寺湖と同じくらいの標高があるので
ハイキングにも暑くなくいい気温だったが、
平地ではとっても暑かった一日だった。

ちーがはあはあと暑そうにする季節も、もう目前だね。
毎回「生野菜を少なくしていこう」と書いてるが
食欲下がるのが怖くてあげてしまっている。
今晩は少し控えめにしてみよう。

●Fri.05.06.2011

今日のちーはなかなかいい感じだ。

昨晩は22時、0時30分ともに葉物をケージに挟んで食べさせたのでつきっきりではなかった。
朝、軟便がみられた。葉物を多くとっても軟便はでなかったのに。
あたりまえだけど生野菜取り過ぎ。少しずつ生野菜の量を減らしていけたらいいな。
(ボトルの水が減らないという事は野菜で水分間に合ってるという事だろうから。)
室内に出ていても自分でペレットを食べるようになった。
葉ものは地面にあったり器にあったりだとまだ食べにくそう。
りんごは皮が邪魔みたい。硬くて食べづらそうだからはずしてあげないと。
強制給餌用の粉末ペレット(ペレットと言わないね)を溶いて団子状にしてみたが興味なし。
牧草が硬くて食べられないので牧草ペレットというものを購入してみたがやはり興味なし。
チンゲンサイ・グリーンボール外葉・サニーレタス・ブロッコリーの花芽を食べた。
ブロッコリーは、ちー用に植えたがまだまだ葉っぱはあげられないので花芽をあげたら食べてくれた。
花芽というのは人間がたべる部分のこと。
春なので株の成長より開花のほうが先になってしまってるのではないかと思う。
いつでも手に入れるには時間差でたねまきして苗を作るしかないな。

動作・食欲ともに上向き。夜中も自分で食べてくれるようになったらうれしいな。
●も色が黒いながらも(牧草食べてないから?)久々に大きいのが大量に出た。
見えてないのか心配な目も動作で不審な動きは見られなかった。

明日も今日よりごはんを食べてくれますように。

---------------------------------

ちー、ボトルから水飲んでる。生野菜減らしても大丈夫そう。

●Thu.05.05.2011

Img_b0f1e3a7a26f9dc18cd62b6996cb277b
いつもと違うふとんの上に座っているちー。
Img_86a1f66c677c9ad278236cbb67ec5b20
どこに座っているのかな?
Img_ebcc5d5d275992a9b8bd12c3e8d55e72
こたえはコタツの上でした。





テーブルの上におやつが置いてあるのを知っているのでドロボーしにきたのです。
で、飛び乗るときはコタツ布団があがっているとき。それもちゃんと知っているのです。

驚いたのが、夕方洗濯物をたたんでいると、コタツの下あたりにタオルをたたんで
積んでおいたら、それを踏み台にしてコタツに上がったこと。
タオルなんて足場の悪いものによく飛び乗ったもんだわ〜

処置前あたりからもっさもさ抜けていた毛もずいぶんと落ち着いてきた様子。
動作も少しづつ回復をしているように見られます。●も出始まった。
ぶーぶー言って後追いもするし、呼んだら飛んでくる。
あとは自分でごはんを食べてくれたらいいのだが。

●Thu.05.05.2011

ずっと状態がよくないちー。
夜中も2度程起きて様子を見つつ、口元へごはんを運んで意識させて食べさせる。

昨日、一昨日は実際、この先長くないかもって思った。
それだけ食べ物を受け付けなくなっていた。様子もおかしい。
じゃぁその要因は?となると、カラーもはずしたし、傷口も気にしていないし
毛球症のときに飲む胃薬も飲んでるし、病院に行っても解決しないと思う。
きっと「強制給餌を行って下さい」との話になると思う。

「ヘルニアの部分を定期的にマッサージして体内に押し込んでください」
ということで患部をさわるととても嫌がる。
今までならそのままぴょんぴょんとマウンティングしてきてマッサージにならなかったのに。

具合の悪い要因は「ヘルニアからくる何か」なのかなぁと想像する。

昨晩、4日のこと。
キャベツの外葉を与えたら勢いよく食べだした。その間に私たちは夕食を済ます。
食後部屋へ戻ると少し調子が戻っている感じもした。
22時、0時30分と両方とも勢いよくキャベツを食べた。ペレットも食べた。
夜間ケージには戻さなかったが元気に遊んでいたのが分かる。
ぶーぶー言って寄ってきたりもしていた。


夜中にちーが添い寝に来た。(単にその場所に自分の匂いがあったからやってきたのだが)
ちーに手を添え、寝た。
そのときに思った。「このぬくもりこそが生きているということの証」だと。


朝、まだそのいい調子が続いている。
●を確認したら正常に近いものが確認できたがまだまだ数が少ない。
ただ、やっぱり口元へ運ばないと食べないのは変わらない。
ペレットも少しは食べるようになってきた。
牧草は今後は食べようとしないだろう。奥歯の歯根も弱ってきてるから食べるのが辛いんだと思う。

日中はじっとして過ごすのが常なのでこのまま様子を見ることにしよう。

●Tue.05.03.2011

Img_233d2c47a105dde91d29227e7d097932
Img_db11db4ac86a4426a4caadb35bec943e
Img_9a0be9f7943e938a8119dbe9e92a9f8d
Img_46597d262d30b96e9f852fafb383e325
Img_598a0b88977324674ef3bd1fd8a92dd8
Img_adb22d4e28acd257747abe8ebfffe939
Img_41bdb340d04d8ccd77b9541b85c87736
Img_1c0557d1d8ce530ffaf1e7c10423e109
Img_3410c72dec4103ff3dea607d39893d42
Img_ee2d2492986e842998b9dfd1ece25b80
Img_c5ab3a2027ad9c4a93ffefd124968cef
5月3日、4日。

状態が不安定。カラーも取って傷口も気にしなくなったのに処置後一番状態が悪い。

食欲が戻ったかと思えばまた全く受け付けなくなったり、どこ見てるんだか分からなかったり。
「あなたの目は見えているの?」と疑いたくもなる。

好物のバナナも受け付けなかったり葉モノ類も食べなかったりでいったい何を食べさせていいのやら。
パセリは好んで食べたがるがこればかりあげるのも体に悪そうなので適当な量でセーブ。
りんごとにんじんを細かく刻んでも殆ど食べてくれなかった。ペレットも数粒?

なので●も出ない。

夜中に牧草を追加したら口にしてくれたのはいいが、噛み切れなくてずっともぐもぐしてる。
飲み込もうとしてのざえること数回。口に指入れて牧草取り出そうとするもそんなことさせてくれるはずもなく・・・
ただ見てるだけだった。

器に葉っぱを刻んで入れておくだけでは食べなくなった。口元へ手で持っていかないとだめ。

●Mon.05.02.2011

Img_08c58ce8f9615c05bd9e31545f77e101
Img_e004d376db1078d8cd9769bd180bc4f4
Img_7d36c242092e1f701364d8e7128c7c3d
カラー12日目とカラーはずれた日

昨日は日中は出掛けていたのでカラーはしたまま。

戻ってきてから様子を見ると葉っぱ類などもあまり食べていない様子
おまけになんだか目が見えてなさそう。どこ見てるのか分からない。
夜中に使っていたライトで目を傷めてしまったのかと思った。

そんな様子だったのでカラーをはずす。

カラーをはずすとやっぱりお腹のホチキスが気になるらしく
「くっ、くっ、」と引っ張る仕草を見せる。
その度にお腹から口を遠ざけるのだけどまた気にして引っ張る。

あれだけ動こうとせず、ケージからも出てこなかったのに
走り回ってぶーぶー言ってる。自分からペレットも食べた。

そんな感じでいつもは2度起きてはっぱなど食べさせるのだが
殆ど通しで起きていた状態だ。

残念なことに本日は普通の日なので出勤だった。
(明日からはやっとG.W.が来る!)

明日、明後日と病院はお休みなので混むだろうから朝一で病院へ。
家に戻りすぐにキャリーに押し込んで出掛けたが3番目だった。

院長先生と副院長先生に診て頂けた。
2週間にはまだ足りないけどなんとか内部がくっついてると思うので大丈夫でしょう
とのことで抜糸をして貰った。
それでもやっぱり昨晩に齧った跡が。
まあ、毛づくろいして傷口が開いてしまったとしても
ご飯を食べてくれるほうを優先したいのでしょうがないとした。

わがままし放題の王子さまに育ててしまったので
病院で処置してもらってるようにおとなしくはしてくれない。
たとえテリトリー外であっても家の中だと分かるらしく暴れて逃げ出そうとする。

ある意味賢いんだろうね。

さて、午前中はこのように過ぎていったがこの先の症状はどう変化してくれるのだろうか。

----------------------------------

その後。 お腹の傷口は昨晩のように気にすることなく、まったりと過ごしていた。

牧草は相変わらず食べてくれないがペレットも自分で食べていた。

気になっていたのは傷口ではなく異物(ホチキス)だったみたい。
傷もたぶんここまで治っていたら開かないだろうと思うくらいくっついてきているし
連休前に抜糸してもらえて良かったと思っている。

今後、食べる量が増えて●も通常に戻ってさえくれればOK!

●Sat.04.30.2011

カラー11日目

昨晩も仮眠しながらちーにキャベツを食べさせていた。
ちぎって口元まで持っていかないと食べてくれなかったから。
暗がりで懐中電灯のシルエットでよく分からなかったが口(特に舌)を
べろべろしながらキャベツを食べていたのでやっぱり口の中に違和感があるんだろう。

起床してからは時間をかけてキャベツを食べた。バナナは食べない。ペレットも食べない。
なのになぜか急に牧草を食べだした。(バニセレの)
この牧草、しばらく使用していたが急に食べなくなってしまってしばらくあげていなかったもの。
昨日牧草入れに入れてみたが急に食べだしたので驚いた。
食べてるようにみえても実際口の中にはわずかな量しか入っていないんだとは思うが。


その後どんどん調子が下降していった。

病院で口の中を診てもらうが気になるくらい伸びてるわけでもないらしい。よだれも出ていなかった。

それでも奥歯カットをしてもらう。
結果、左奥歯が伸びてきていなく、噛み合わせが不安定。
伸びてるところは鋭利に尖ってるわけではないがそろえてもらう。
奥歯が低くなってしまったので前歯を切りそろえる。
(下前歯も斜めになっていた。上前歯は折れてから伸びが遅い)
皮下注射(点滴)と抗生物質の注射をしてもらい、
強制給餌用の粉末ペレットと注射器を出してもらった。
カラーがストレスなのかもとのことで早めにホチキスをはずしてカラーも
とる方法も伝えられたが、また傷口の直りが遅れるのも嫌なので
見ていられるときだけカラーをはずしてあげることにした。

結果、すごく元気にはなっていないが、手術後はじめて●らしい●が出た。

外に出るのも億劫なのか嫌がる。ケージの中が落ち着くらしい。
カラーをはずしても速効お腹の傷口を気にして食いつくので
すぐにカラー装着。

元気だけでも取り戻してもらわないとなぁ・・・

夜中2度口元に野菜を突き出して食べさせた。

●Fri.04.29.2011

Img_1aeab13102c3f9f086a0e78e3a8a848e
Img_e1848a16adf6cd4d8676faa730c99d6b
カラー10日目

今日はとっても食いが悪い。夜になると更に悪くなった。

バナナに反応を示さなくなってきている。ペレット・牧草は殆ど食べていない。
サンチュも残した。小松菜とキャベツは受け付ける。

こりゃ「歯」だね〜。 院長先生のおっしゃったとおりだったかも。

明日はお休みを頂いたので早い時間に奥歯カットだなぁ〜

2枚目の写真はケージ入り口の座布団の上でごろんってしたなと思ったら
そのときにちっこも出てしまったみたい。
カバーを洗濯して付けてすぐ。それが気に入らない?

●Thu.04.28.2011

カラー9日目

今日は病院で睾丸の抜糸をしてもらった。院長先生だった。

サポートに看護師さんが付いてくれなかったので
自分でちーを固定しなければならなかったがものすごくおとなしくしていた。
タオルなしでもだっこできるんだーっ!ってくらいに。

病院に行く前にカラーに前足が挟まってパニックになった。
骨折とかにはならずに済んだのでよかったが。
それを伝えると、最初から緩かったみたいだ。口が挟まったり手が挟まったりするんだものね^^;

小さく作り変えてもらったのはいいけど今度はご飯を食べてくれない。
きついのかなと思って少し緩くしたら夜にまた外れてしまって大騒ぎ。
「家中弁慶」なので手に負えないっす。

やっと装着しなおして就寝。2時間おきに起きてご飯食べてるかのチェック。

朝、風邪がぶり返してるのが分かった。喉痛い。

あまりにもご飯食べないようなら歯のチェックだねぇ〜
毛球症のときにもらう薬飲んでるのに食べてくれないとすると。

●Wed.04.27.2011

Img_b3d4fe1ffd53358cf0d8989a17fc7b3c
カラー8日目

今日は午前中にアクシデント発生。

ちーがなんらか拍子にカラーが口に挟まってしまったのだ。
(体重減少で首周りが緩くなった?)
当然ひとりじゃ取ることもできない。
ばたばた暴れて、なんとかケージへ戻しカラーをはずした。

はずしたついでに洗って少し長いので切った。
少しはごはん食べやすくなったかな。このくらいではお腹に届かないはず。

丁度部屋にいたから良かったが留守中だったらと思うと怖い。

相変わらずマウントしたがる。去勢してもこんなもんなのか?

明日は睾丸の抜糸だ!

●Tue.04.26.2011

Img_9bbf096c4b37f9d5ddaf9b8f1cf5d636
Img_5fbb7a3783503f12cf6ac878478bcf83
カラー7日目

今日は少し食欲がないようなかんじ。元気はそこそこある。

今日も大きめな余震がきた。震源は茨城南部?
ちーに「こたつへ入れ!」って言ってるのにきょとんとしている。
ケージへ戻る素振りも見せない。大丈夫?

カラーとの生活も一週間かぁ〜!折り返しに来たぞ!
がんばれちーくん。もう少しだよ。

●Mon.04.25.2011

Img_d4dec7f085f605cb462fd85dd15027e7
カラー6日目

今日は久々にケータイから。

ちーの通院で風邪をもらってきてしまい、週末は寝て過ごした。
今日は傷口チェック。
大丈夫そう。さすがカラー効果!
睾丸の抜糸は木曜日だけど、ヘルニアは完全には治まらなかった。
下腹部にぽっこり膨らみが見られる。
(睾丸に落ちてくることもそのうちあるかも)
さすって戻してあげればOKだが、戻してあげないと結石になることもあるという。
事前に知らされていたことだが、こんなに症状が早く出るというか
改善されていないというか(応急処置にしかならなかったんだけどね)。
ああ、そうなのかぁ…と。

毛は日に日に伸びてるのが分かる。
今始まったことではないが、だらだらと換毛していたのがここへ来てパワーアップ…
なんだかすっかすかになっちゃって。かわいそうなくらい。
体重も2キロ切ってしまった。

いつまでも元気だと安心していたが、やはりあちこち老化現象は見られる。

今後は骨折とかに注意しないといけないな。
そして沢山食べさせて体力維持。
なのに食いつきのいい生野菜を食べたいだけ食べさせてたら術後更に牧草受け付けなくなってしまった。

甘やかし放題だな…(ノ△T)


---------------------------

放り出してるかのような前足がかわいくてパチリ。
今日も通院でキャリーバッグに入れるのが大変だった。
ケージの高さは難なく飛び越えてしまうおじいさん。
無茶させると骨折が心配(/_;)

●Sun.04.24.2011

Img_ab124871fbaea184935747938b2f5552
カラー5日目

日に日に伸びてくる刈られてしまった毛。

ほんとは週末に傷口チェックだったけど、ちーには悪いが明日にしてもらおう。

抗生物質は昨日で飲み終わり。

体力・食欲ともに悪くは無い。けど、カラーのせいでやや落ちてる。●は宜しくない。
耳を掻きたがる。カラーで蒸れてる?

●Sat.04.23.2011

Img_9fff126d4793c220d4b3be965ebdf273
Img_a97ebf507d87519300168fcad801f4f3
カラー4日目

ちーの病院で風邪を貰ってきたみたいで。

だるいです。寝て過ごします。

●Thu.04.21.2011

Img_af6b0a3970d2420af16eb7e6b646abf1
Img_7533a8d7a0dadb405c281e0d1a4c93d3
カラー2日目

昨晩、ちーの病院の院長先生より病理検査の結果報告の電話をもらった。

結果は精巣も皮膚のしこりも良性のものでしたと。よかった。

体中にあるしこりもほぼ同じと見てよいでしょうとのことで
大きな心配が減りました。

今はカラーを付けて生活をしています。
もうちょっと早くそうしていたなら一週間がムダにならなかったかもしれないのに。
月曜に通院したときにカラーをつけてもらえばよかった。
(はらまきがとれてしまったとき)

ごはんも食べずらそうだしトイレにも引っかかって一度では入れない。
出入り口にも引っかかってキケンなのでケージの蓋をはずしておかないといけない
(ちーが遊ぶスペースが少なくなる)

でも、ぶーぶー言ってぐるぐるするし元気はあるのでその点は安心。

-----------------------

日に日にちーの毛が伸びてくるのが分かるんだよ。

肌色のところは生えてこないのは何故?

●Wed.04.20.2011

Img_7939b13fb61cddfea2a85fa7816a63d0
Img_c38a10f566074f131ed164fcf4cd4703
Img_6cc0cee6266bf06305fa7442ca395e98
お腹の糸を食いちぎり、傷口が開いてしまったので病院へ。

傷口を開けて注射器みたいなので洗浄する。 表皮?の細胞?をピンセットで掃除する。
医療用ホチキスで数箇所とめる。 カラーをつけてもらい、抗生物質と胃腸薬をもらう。

暴れずに処置をうけました。えらかったぞ!

また傷口が開いたらどうなりますか?と聞いた所、また新たに切ってくっつけるとのこと。
思ってたよりえぐった傷口が深かった。これじゃぁくっつかなかったら細菌が入っちゃうね。

2週間カラーと一緒の生活になりました。

●Tue.04.19.2011

Img_f376ead0c0a7c33c60eb63820dccd00c
Img_446f16e706cfaa87075e0f121f9fd9ee
Img_5ed8facb0d98c3831720ecf24775da4c
Img_42e87276435ea60a94dc5beaff909340
夕ご飯を済ませて部屋へ戻るとちーのお腹の傷口が赤い!

自分で抜糸してしまったようだ(/_;)

血がにじんでるわけじゃないけどしこりをえぐりとった訳だからなぁ。
絆創膏貼りたいけど寝てる間に食べちゃっても困るしなぁ(涙
カラーは貰ってこなかったし(付けたとしてもまたパニクっちゃいそうだし)

明日診察受けるまでに酷くならなければいいのだが・・・


-----------------------


今日からは生野菜は通常くらいの量で。

ボトルから水も飲んだし、少しながら牧草も食べてるのを確認。
座布団でまったり過ごしていながらもしっこはケージに戻ってするので
おトイレの認識もOK。
ぶーぶー言ってうさぎ道(私の膝の上)廻るのも復活。(ヨカッター)
マウンティングも少しながらする。(←これって去勢してもおさまらないのかな?)
後追いは少しする。まだ物音には敏感。

ここまで来ればあとは抜糸と剃った毛が生えてるのを待つだけ!!

腎不全とか引き起こす前に、それも診察の翌日が運よく手術の予約が空いていたので
本当に助かった。







●Mon.04.18.2011

Img_07186a6da17b1145e8e4569a26b1e684
Img_71441f2f39d90720417de8b357856575
ちーくんの傷口チェックで病院へ。

今朝からはずいぶん正常に戻りつつある。
あとは牧草を食べてくれたらいいのだが。

生野菜で食欲を出してきたのでこれからは少し控えめにしてもいいかも。

傷口は、やっぱり糸を引っ張ってしまってるようだった。
去勢のほうは大丈夫だけど、お腹は傷口が開かないように注意を受けた。
(電気メスなので傷口の付きに時間が掛かるため)

頻繁に行ってた毛づくろいもしなくなり、座布団でまったりするようになったので
大丈夫だろう。
Img_b3346a5fd123fb67ffaec309bb9f0d10
Img_c7c08d04d501054631eb77ac1849b482

●Sun.04.17.2011

ちーくん、まだまだ物音などに敏感でおどおどするが
通常に戻りつつある。よかった。

やっぱり「はらまき」がネックだったよな・・・。
でも、もーちゃんときみたいに勝手に抜糸されるのも困るし。

●Sat.04.16.2011

ちーのはらまきが外れた後、少し眠る事ができた。
ちーもはらまきがなくなって落ち着きを取り戻しつつある。

●Sat.04.16.2011

ちーが落ち着かず、ずっと「はらまき」を齧ってしまっているので一晩中横について監視。
昨朝も齧った包帯が歯にはさまり、取れなくなってパニクった。
その後同じ事2回。 仕事で留守中にそれが起きなかった事が幸いだった。

明け方、パニクったときに押さえていたはらまきがすぽっと抜けた。
これで少し落ち着きを取り戻すかな。

●Fri.04.15.2011

秋に気になってたちーの睾丸の腫れ。
はじめは夫の「左右非対称が普通じゃない?」の言葉からはじまって
様子見になってて、今年2月に歯カットしてもらいに行ったときに
先生に指摘をされた。
そのときにも体中のしこり(?)も。
レントゲンと血液検査をしたが(特に問題はなし)
また次回にどうするかをきめるという事になっていた。
しこりは注射器などで細胞を採取し、病理検査へまわすこともできるが
精巣はそれはできないとのこと。

もう高齢なのでなるべく体に負担が掛かる事はしたくない。
そう思ってきたけれど、ここのところ暖かくなり
睾丸のふくらみも改めて分かるようになってきた。
(冬は寒いので目立たなかったので気に止めていなかったのだ。)

13日(水曜日)に病院へ。
以前指摘された睾丸の件で来た事を伝える。
診察をしてもらうと新たに問題が発覚。
どうもヘルニア(脱腸)らしいとのこと。
2月には問題がなかったのでその後だ。
それと症状として「おしっこをしぶる」「何度もトイレに入る」など
思い当たる節が言われてみれば数日前から・・・
(おしっこ自体出ていないわけではないけど何度もトイレに入りなおす感はある)

レントゲンで確認するとやはりそうらしい。
うさぎはそけいの穴がおおきめでそこへ膀胱が落ち込んできてしまうらしい。
それも若いうさぎには見られない症状だと。
(イコールうちのうさぎはおじいさんなので。)

マッサージなどで体内に戻してあげることを繰り返す事で
回避できるらしいが、そのうちに戻りが悪くなる事と他への癒着がみられて
戻らなくなる事、腎不全を起こして命に係わる事などあるそう。
症状からするとうちのはまだ患部が柔らかいので発病したばかりらしい。


そうなってくると精巣がうんぬんの問題ではなく
命に係わる問題になってきてしまうので手術をお願いするしかない。
方法は、去勢手術をしてその根元をぎゅっと結び、膀胱がそこへ落ち込んでこないようにするのと、
開腹して正常な場所へ戻してやる事。
開腹するのが一番なのだろうがおじいさんにはリスクが高すぎるので
去勢手術(日帰り)をお願いすることにした。
もちろん、その場で即決するわけにはいかないので夫に相談をしてから。

手術の時間は1時間くらいとのこと。いつもの歯切りの3倍の時間らしい。
年齢からしてもそれが限度とのこと。
麻酔ついでに体のしこりもとれるだけ取ってもらう事と口の中も覗いてもらう事とした。

ちょうど翌日が空いていたので手術の予約を入れた。

□ 去勢手術 □ 腫瘤切除 □ 歯カット (時間内に出来る範囲でのお願い)
切除したものの病理検査



翌日木曜日。11までに病院へ住んでるケージごと連れて行く。
手術の開始は3時頃。そして終了時の2度、連絡を頂いた。
やはり事前の説明通り1時間が限界だったみたい。
手術は去勢のほうはすんなり行かず手間取ったとのこと。
腫瘤切除のほうはある程度取る予定で毛を剃られ、マーキングされ
準備していたが去勢で時間が押したのとこちらも手間取ったらしく
1箇所しか切除ができなかったとのこと。
寒そうな姿になってしまってごめんなさいだそう。
常に信頼を置いてる院長先生と副院長先生の二人掛りで
処置していただいてるのでこちらも安心です。

麻酔が覚める18時ごろにお迎えに行く。
ちーはお弁当で持っていってたイタリアンパセリをもしゃもしゃ食べてました。
あーよかった! 麻酔から覚めることが出来たんだ。
涙が出そうになった。

処置後の説明はほぼ事前に伺っていたとおりで
歯の伸び具合まで見れなかったので覚めてから確認して貰った。
前歯が少し伸びてる程度だったので今すぐに食べられなくなる心配はないとのこと。
患部を気にして齧ってしまいそうなので腹巻をしてもらった。
去勢のほうは抜糸まで1週間。
お腹の腫瘤切除の抜糸まで2週間(電気メスでの切除なので付きが遅いそうで)
帰宅して具合がよかったら傷口のチェックは来週の月曜日。

無事に処置も済んで院長先生、副院長先生には感謝しきれません。
もーちゃんときもそうだった。
そしてこうやって長生きできてるのもこちらの病院があるからこそ。
事前説明のときにも同じ症状のこの話を伺っていると
みんな10歳とかだったので、高齢はうちだけじゃないって改めて思いました。
もっと年上のこも手術受けてるみたいだし。
まだまだうちだって頑張らないとね。

それと、見た目では「老化」を認めたくない心がやっぱりどこかにあるので
まだまだ元気だし、少しお昼寝の時間が増えただけと考えがちだったが
やっぱり体内にはいろいろ加齢による症状は起きてきているんだと
改めて思い知らされました。
病理検査の結果待ちになるけど体のしこりだって手に負えないくらいたくさん出来てるし。




連れ帰って。
実際感じた事はしこりは最初考えてたとおり切除ではなく細胞採取にしてもらうだけでよかったかもということ。
実際取っても取りきれないくらい出来てしまってるし、毛も剃られてしまって見るに耐えない感が。
「はらまき」を気にして落ち着かない。ずとずっと気にしっぱなし。

●Sat.04.09.2011

Img_75d71fa2c4218d2e9a570108b07867e2
Img_2eefdb639a1c129066b87615caf4c19a
Img_2d37915c7f5ef26dceee7f6b1e02c0c2
警戒してる?そんなに鼻の穴広げなくても^^;                           ちーくんの首の毛はほわほわなんだ

●Fri.04.08.2011

Img_471efd2125029a296821a7c06aaefd8d
今日はレタスをもしゃもしゃ。

●Wed.04.06.2011

Img_9241a17259ba82e7d2a19d34365ef5f3
おすましちーくん

●Sun.04.03.2011

Img_27cd0eeed9eea1a801f100e553d471e8
今日はとう立ちしたチンゲンサイとイタリアンパセリ。

蕾の部分も嫌いじゃないらしい。

●Fri.04.01.2011

Img_33b8fef812c946de1e72958ead6a505a
Img_367e7396ea23f882f749be7602327390
Img_55405b5875a320983823a2f56434087f
Img_05e525245ee1194c2cd9162834fb35e8
Img_33d5a2ca11401fee85b64c02583f55f0
Img_1aa963b0e5e1c09085bae7560e7a63c4
Img_7f45b452072de4f3d8c07a6b42a8f45f
Img_a808348eb80fb9f3173cfd91e95f8fb2

●Wed.03.30.2011

Img_3517a637e55a9f3dcb3eccb9a322c280
地震が来るまではちーは殆どケージの外に出しっぱなしだった。

私が出勤の際も窓際のケージの中では寒かろうと、コタツのタイマーをセットして弱めに付けて外出していた。

ケージに入れるのは就寝時と午後にしっこをさせるために無理矢理入れる・・・くらい。
(しっこは自分で帰ってするのでほぼ問題はなのですがたまに粗相をしてしまうことも)

地震の際にもちーはひとり部屋の中でケージから出ていた。
大きな揺れや物音、上からたくさんモノが降ってきてさぞかし怖かったろう。

そんなこともあり、部屋を離れる際にはケージでくつろいでもらう事にしました。
ケージの上には防寒対策に就寝時にかぶせる長座布団をかぶせたまま。
これなら上からまたモノが落ちてきても少しはカバーできるだろう。

まだまだ小さいながらも余震が続いているのでこんな感じでガマンしてもらおう。

●Tue.03.29.2011

Img_d3aaf3f44d6b08f522c0f79139762f32
やっぱりちーは自分の座布団の認識があるようだ。(匂いで?かな)

老齢なのでケージの出入り口の段差を少なくするために座布団を置いている。

座布団に乗ってくつろぐときはこの上が多い。

私たちが座ってる座布団には(その場所には)ほぼ乗らない。
そのかわりにその座布団に添い寝するかのように寄り添ってくつろいでいる。

Img_4b9d07bb41fb10d326505ab49d8f85aa
Img_c6fb0f987105f59830fddfc282f1db34
Img_23e9c26226f3f274d3a03b2197df6d19

●Sun.03.27.2011

Img_d7fc5675b9ef95084351afe900312102
Img_e740bc0b58dfb446358b5f4ea2d2c3dc
Img_b5b90b2bc027cf122018ab92cff13b69
Img_092431b132620c9990587a70eb6893d3

地震でカメラ&レンズが落下。破損してしまった。

300ミリレンズはさすがに買い替えできない(そこまで酷い壊れ方ではないと思う)ので
被害の大きかったK10の替わりにK5を購入した。

驚くのはAFの速さ(持ってる全てのレンズを試したわけではないが)と
シャッタースピードの速さ。

これなら明るいレンズのFA1:1.4 50mmとあわせてウサギカメラになってくれるだろう。
画像の出来はあんまり気にならないほうなのでISO6400でも全然OKだと思った。

●Sat.03.12.2011

昨日の地震の時には外出中だった。

ちーはお留守番をしているときもケージから出ていることが多く、この日も外に出ていた。

部屋に戻るといろんなものが落ちていて散乱していて、ドロボーに入られたかのようだった。
ちーはコタツの中に隠れたようだった。
すごく怯えていたが怪我もなく、ほっとした。

夕方にもなるとちーは落ち着いていつもどおりに戻っていた。
地震が来て怖い事になってるって思いはないらしい。
家族の中でちーだけが家にいて一番怖い思いをしたはずなのに。
(私は大きなスーパー、両親は運転中で車の中、夫は会社の事務所)
近くにいてあげられなくてごめんね、ちーくん。

●Tue.03.01.2011

ちーくん、完全復活。
もう少し牧草食べる量が増えてくれたらカンペキなんだけどな。
日中はじーっとしてるので夜、私たちが就寝する前(20時から)が
活動タイムなのか飛んだり跳ねたり忙しく動き回る。

それが今日はとっても激しい!
元気になってくれて良かった。
口を気にする仕草もなくなったので落ち着いたのだろう。


●Fri.02.25.2011

ちーの様子は少し落ち着いた。
でもまだ歯がおかしい様子。
とりあえず骨折もしていなかったし口の中もきれていなかった。
なのになんでまだ口の中が気になるんだろう。
元気いっぱいなんだけど葉ものやリンゴ、バナナくらいしか口にしないので●が出てこない。

ガーデンショップでちーのブロッコリー2株購入。
●Wed.02.23.2011

ちー、ご飯が食べられなくて病院に来ています。(ケータイで投稿)
只今処置中。

月曜日の夜に夫と衝突事故を起こしてしまい、その直後から様子が一変してしまいました。
生憎火曜日は休診日。通院が今日になってしまった訳です。

骨折は免れたいところ。
麻酔かけて歯カットして貰い、その後レントゲンの予定。
頑張れ!

Img_c7741ebacd355649787b8ec2bf206649
●Mon.01.17.2011

あまりないシャッターチャンス! 甘いものに釣られてます。

うちのこ、だっこ出来ないからね・・・ こういうのが記念写真のようでとてもウレシイ。

おっさん同士(笑)
Img_c002c53d6daecf2f6169575f3e598325
●Sat.01.15.2011

丁度、お昼寝やまったりする時間なんだよね。

この日差しがたまらなくあったかくて気持ちが良い。

年齢のせいかはっきりとした換毛期がみられなくなりいつもだらだら抜け続けているが
目の下にくっきりと毛割れの筋が入った。

ふっかふかになった証。

●Fri.01.14.2011

ちーくん、今日も相変わらず日向ぼっこです。

今はここが日向。
そして座布団には乗らずに横に添ってうとうと。


寒さが厳しくなってきて、無暖房(こたつは開けたままつけっぱなしだけど)の
早朝のお留守番は体に負担が掛かりそうなので、出勤時にケージから出てもらっています。

まだ3日目だけど大丈夫みたい。(●はいつものとおり撒き散らされてるけど)
帰宅して体や耳を触るのだけどどうもつめたい気がする。
さてはこたつに入ってないで外に出てるなっ
ひとが帰ってきたときだけいかにも「こたつにいたよ!暖まってたよ〜!」
みたいなふりしてるのか?!

寒さによる軟便は困るからその気配が見られなければOKかな。


待ちに待った卯年なのにちーくんの登場はすでに半月過ぎた後になってしまうなんて。
喪中だったので年賀状にも登場できず。
でもいいんだ。今年も元気に健やかに過ごすことが出来れば。

●Tue.01.11.2011

ほんと寒い。寒くてちーが心配。
まだ気温が下がり始める前に出かけるのでどこまで寒いのか今ひとつ分からない。
けど、出かけるときの室温が10℃以上はあるのに帰ってきたら5℃程度しかない。
やっぱりコタツじゃ部屋は暖かく保つ事は無理みたい。
ケージに湯たんぽ置いておくか?!
帰ったらすぐにちーをコタツへ入れます。
気が済むまで温まったら勝手に出てきてそのあと日向でうとうとし始める・・・
っていうのがパターンかな。
Img_86bca17d66aac45f26831957d017669b